丸岡家について

丸岡家(まるおかや)について

洋菓子職人の二代目と、和菓子職人の三代目が、無添加で新鮮な国産素材のみでお菓子を作っています。
創業80有余年、“いつもの大切なお菓子”をお届けしています。

創業は昭和11年(1936年)。
モットーは「素材を大切に手作りいちばん」
子どもから年配の方まで、食べやすく、味わい深いと
洋酒をきかせすぎない、ほどよい甘さのお菓子です。

店主挨拶

三代目 竹内健人

いつも“おうちに”あるお菓子、
いつも“みんなと”食べたいお菓子

丸岡家の「や」は「家」です。

家族が集ってお菓子をほおばる、そんな“おうちのお菓子”を作りたくて三代続けてきました。

食べた人がもう一度食べたくなるお菓子。

誰かに差し上げて、喜びの顔が見えるお菓子。

私どものお菓子が、人を優しく、温かく、心を丸くするなら、これほどうれしいことはありません。

福井市の春山にある、ちょうどいい和と洋のお菓子店が、丸岡家です。

丸岡家の由来

丸岡家は、もともと「氷問屋」でした。足羽川を船便が行き来していた時代、片町が繁華街としてにぎわい始めた時代、氷は商品を運ぶため重宝されていました。

初代・喜代二(きよじ)は、その氷問屋「丸岡家」に勤めていましたが、当時の親方から屋号を継いでほしいと依頼をされました。時代は高度経済成長期で、各家庭に冷蔵庫が入るようになると氷問屋は衰退。屋号を継ぐため、初代は「お寺も多く信仰心の篤い福井の人に、和菓子で報いたい」と、一年発起して和菓子職人の道へ。学校もなかったため、初代は福井の菓子店へ出向き、店主直々に作り方を教わったそうです。

二代目・延行(のぶゆき)は、菓子業界に生クリームが登場した頃、洋菓子に魅せられて県外で修業後、福井へ戻りました。福井でも洋菓子はまだまだ珍しく注目を浴び、ショーケースに置くだけで人をわくわくさせるケーキが並びました。

三代目・健人(たけひと)は、父が洋菓子なら、自分は和菓子と心に決め、特に「美しい上生菓子を作りたい」と東京で修業しました。福井へ戻り、もともとアイデアマンだった三代目は、洋菓子と和菓子をミックスさせた新しい丸岡家のお菓子「お菓子とうふ」「はっくつバウム」を考案しました。

三代とも心にあるのは、福井の人に、愛されるお菓子を作りたいということ。
人の心をつなげる『こころ菓子』として、ずっとずっとそばにありたい。
福井市春山地区の片隅で、80年以上場所も変わることなくいつも食べたいお菓子を作り続けています。